まつ毛を伸ばすならまつ毛育毛剤を使うのが効果的です。まつ毛育毛剤は今あるまつ毛をケアしながら保湿や血行促進などの効果を発揮し、これから生えてくるまつ毛の成長もサポートします。ぱっちりとした目は女性の憧れです。自然なまつ毛を見せるには自まつ毛が健康であることが必要不可欠です。こちらではまつ毛育毛剤の効果や種類、価格などについて詳しく紹介していきます。

まつげが切れる原因はビューラー?

日本人のまつげは、西洋人とは違って、下向きに生えている癖があります。
このままの状態では、まつげが強調されないので、目はぱっちりと大きく見えません。
メイクの仕上がりは、アイメイクがカギを握っているといっても過言ではなく、どれだけ大きな目に見せられるかが重要なので、まずは下向きの癖を直し、上向きにカールさせることが必要です。
そこで登場するのがビューラーですが、実はこのアイテムは、大切なまつげに深刻なダメージを与えており、抜け毛、切れ毛の主な原因だと言われています。
ビューラーの使い方は、簡単そうで難しく、乱暴に使ったり、メイク直しのたびに何度も使うと、確実にまつげは傷んでしまいます。
人間には利き手があり、ビューラーでまつげを挟む時には、やりやすい角度からアプローチするため、どうしても毎回、同じ場所に強い圧がかかってしまうのです。
まつげはとてもデリケートで、このようにダメージを与えられ続けていくと、やがて耐えきれず、抜け落ちてしまうことになりますが、次にまた生えてきたとしても、さらに弱い産毛状態の時にも、同じように圧をかけられれば、成長した状態の時よりも早いスピードで抜け落ちてしまいます。
これを繰り返せば、当然、毛母細胞にダメージが蓄積され、その毛根からは丈夫なまつげが生えにくくなってしまうわけです。
さらに女性はホルモンバランスを崩しやすく、睡眠不足が続くと、まつげの生え代わりの周期が乱れ、貧弱なまつげへと加速してしまいます。
ビューラーを使う時には、同じ個所にばかり力を加えないようにし、ゴム交換も定期的に行いましょう。
ゴム交換をしないまま使用していると、ゴムの弾力がなくなり、全くまつげを保護できなくなってしまいます。
ゴムは消耗品なので、擦り切れる前に交換をする習慣をつけましょう。
さらに、カール力をアップさせるために、ビューラーに熱を加えたりするのもタブーで、まつげを挟んで引っ張り上げるような使い方も厳禁です。

まつげの負担を減らしたメイクをしよう

まつげへの負担は、ビューラー以外にも潜んでおり、強力マスカラの塗りすぎにも気をつけなければなりません。
まつげはどうしても涙に触れやすい位置にあるため、簡単に落ちてしまわないように、強力な成分が配合されているマスカラも多く、塗っている時よりも、落とす時にまつげを傷めてしまうケースが多いと言われています。
まつげを強調させようと何度も重ね塗りをしてしまうと、それだけ落としにくくなり、ついつい落とす時にこすってしまったり、ひどい場合には爪でしごき取る方もいるようで、強力マスカラの塗りすぎによるダメージも侮れません。
もともと細く弱い毛質の方には、マスカラの重ね塗りの重みも負担となり、まつげを強調させる行為が、かえってダメージを深刻にしてしまい、弱っていくのでさらに盛りつけなければならないという、悪循環に陥りがちです。
まつげへの負担を少しでも軽くしたいならば、ウォータープルーフでもフィルムタイプのマスカラを使えば、ごしごしとこすらなくても、お湯をかければ簡単に落とせます。
美容液成分が配合されているマスカラもあるので、メイクをしながらケアも出来、まつげに栄養を与え続けてくれます。
加えて、まつげの生え代わりを促進させるためにも、ホルモンバランスが崩れないように、栄養を考えた食事や、睡眠不足をなくすこと、紫外線による乾燥を防ぐなどにも気を付けましょう。
まつ毛も肌や髪の毛と同じように、紫外線を浴びることで水分が抜け、乾燥してしまいます。乾燥は外部刺激を受けやすい状態になってしまい、抜け毛や切れ毛を引き起こしてしまいます。
美しく健康的なまつげを維持したいならば、同じように保湿をしっかりとすることが大切なのです。