まつ毛を伸ばすならまつ毛育毛剤を使うのが効果的です。まつ毛育毛剤は今あるまつ毛をケアしながら保湿や血行促進などの効果を発揮し、これから生えてくるまつ毛の成長もサポートします。ぱっちりとした目は女性の憧れです。自然なまつ毛を見せるには自まつ毛が健康であることが必要不可欠です。こちらではまつ毛育毛剤の効果や種類、価格などについて詳しく紹介していきます。

まつげエクステをしている女性の割合

今よりも目元を大きく見せたり、はっきりさせたりと理想の目元、印象的な目元の実現を可能にするのがまつげエクステです。
今やまつげエクステ市場は、1500億円とも言われ、エステティックサロン市場が3600億円と言うことと比較するとその市場は大きいことがわかります。
ある調査で、まつげエクステ人口は全体の1割もいることが分かっています。
それを年代別で見ると20代が4割、30代が2割強と若い世代を中心に利用されています。
ただ、この調査では一度でもまつげエクステを利用した事がある人から定期的または不定期的に利用している人を利用者としたもので、定期的に利用している人は2割という事でした。
最近では、マツエクと親しまれ、20代30代以外の年齢層にもニーズが高まってきています。
したがって、専門サロンや施術が受けられる美容室も増え、誰でも気軽にまつげエクステを付けることが可能です。
まつげエクステは、まつ毛のボリュームや長さを作れるものなので、マスカラをする必要が無くなります。
つまりアイメイクが楽になって、メイクの時短や手間が省かれるのでその分時間の有効活用が出来るのです。
また、メイクしている時としていない時で大幅に目の印象が変わってしまうという事を軽減できる事やまつ毛や目元のコンプレックスの解消など多くのメリットがあるので多くの方が利用しているのです。
しかし、定期的な利用者が2割にとどまってしまうののは、洗顔がゴシゴシ出来ないとかまばらに取れてしまうと誤魔化せないなど取れてしまうことに関してのネガティブな意識と、サロンに行く手間や費用が原因です。
安くても5,000円、高くて数万円もするのに取れてしまうのがもったいないということもあります。また、皮膚が弱かったりアレルギーがあると目が腫れてしまったらかぶれたり肌トラブルも懸念されます。
こういったデメリットがあるので、定期的に利用することが難しい方も多いのです。

まつげエクステは長さや量をオーダーできる

まつげエクステは、多くのサロンがお客様の理想とする目元を作るために、エクステの本数や長さをオーダー出来ます。
お人形やアニメのようにボリュームと長さの両方を手に入れる事や片方だけ、ナチュラルな長さやボリューム、部分的なエクステなど好きなようにオーダー出来ます。
費用は、エクステの本数でおおよそ決められるのですが、全体エクステの場合でナチュラルな仕上がりなら5,000円前後、長さや本数でそれ以上になっていきますが、大体5,000円から15,000円で多くの方は利用しています。
まつ毛エクステが付けたままの本数をキープできる期間は約1ヶ月前後と言われていますので、大体1ヶ月から1ヶ月半程でサロンに行く方が多いようです。
ただ、マツエクはご自身のまつ毛を元にして付けていくので、付けられる本数というのに限界もありますからスタッフと相談する事が前提になります。
ナチュラルに仕上げたいなら片目40本、両目で80本程が良いでしょう。そこからどれくらいボリュームが出したいかによって、本数を増やすのですが、多くは片目50本から60本の方が多いです。
また、長さもボリュームになりますので、長めのものを付けるとよりはっきりとした目元を演出することができます。
施術中は、上向きで目を閉じているだけなので楽です。痛みなどは無くリラックスしている間に理想の目元に近づけます。
ただ、仕上がりはサロンスタッフの腕によるところが大きいので、サロン選びは注意が必要です。
せっかく付けてもすぐ取れてしまうとか、エクステの角度やバランスなど自分の欲しいまつ毛が手に入れられるところを探すことが重要になります。
サロンを探す際は、インターネット上のサロンの口コミを参考にするといいでしょう。