まつ毛を伸ばすならまつ毛育毛剤を使うのが効果的です。まつ毛育毛剤は今あるまつ毛をケアしながら保湿や血行促進などの効果を発揮し、これから生えてくるまつ毛の成長もサポートします。ぱっちりとした目は女性の憧れです。自然なまつ毛を見せるには自まつ毛が健康であることが必要不可欠です。こちらではまつ毛育毛剤の効果や種類、価格などについて詳しく紹介していきます。

まつげ育毛剤の価格はいくら?

まつげ育毛剤は、近年女性を中心に人気があるアイテムであり、自分も挑戦してみたいと探している人もいるでしょう。
まつげ育毛剤を手に入れる方法としては、個人輸入サイトを通じて通販で購入したり、美容外科で購入することになります。
個人輸入サイトを利用した通販では、海外からルミガンやケアプロストといったまつげ育毛剤を取り寄せることになるのですが、関税手続きや言語の違いなどから個人的に取引をして購入するのは難しいところ、個人輸入サイトを利用すると煩わしい手続きも全て任せることができ、結果的に必要な費用を最初から提示してもらえるので、予算的にも安心です。
個人輸入サイトを利用すると、まつげ育毛剤をリーズナブルな価格で手に入れることができるというメリットがあります。
まつげ育毛剤には種類がありますが、より安く購入したいという場合にはルミガンではなくジェネリックのケアプロストを選択することもできます。
ただし、商品代金にプラスして、海外から取り寄せるために必要な手続きの費用や送料、委託をした手数料などがプラスされることになります。
しかし、美容外科を利用した時のような診察料や初診料がかかることはありません。
まつげ育毛剤だけを手に入れたくても、通販でも美容外科でもプラスして必要な費用が掛かることになってしまいます。
しかし、どちらの方が結果的に安いのかというと通販の方が半分もしくは1/3ほどの安い費用で押さえることができます。
さらに、通販の場合にはアプリケーターつきで販売されていることも多いので、使用の際にも役立ちます。
まつげの根元という狭い部分に塗る時にも、使い勝手の良いアプリケーターがセットでついていれば、初めての人でも便利に利用ができます。
しかし、注意点として海外のものとなると日本人の肌には合わない可能性も秘めています。
肌トラブルなどの危険性も持っているので、購入の際にはリスクも理解して手に入れる必要があります。

美容外科だと保険適応外となり高い

まつげ育毛剤を美容外科で処方してもらうという場合には、医師に診察してもらうことができるという安心感があり、また使用上の注意点なども聞くことができるというメリットがあります。
しかし、費用で考えるとかなり高いことにもなってしまいます。
ルミガンのジェネリックでもあるケアプロストなどになると、後発商品でもあることから商品そのもの価格は安く抑えることができるのですが、日本国内の美容外科クリニックで処方してもらうことはできません。
つまり、高額な価格のルミガンを手に入れることにもなってきます。
さらに、美容外科はただルミガンを購入する場所というわけではなく、薬でもあることから医師の診察をしてもらってから処方という形で出してもらうことになります。
つまり、診察料がプラスされるという点でも費用が掛かってしまうことになります。
これ以外にも、初回であれば初診料がプラスされることになり、美容外科に行くまでの交通費もかかったりと何かと費用がかさむことにもなります。
ルミガンは、緑内障を抱えている人であれば病気の治療として保険を使って手に入れることができるため、実質的な支払い費用を安く済ませることができます。
しかし、美容目的のまつ毛育毛剤として利用したい場合には、保険適応外にされてしまいます。
人によっても保険負担の割合は違ってきますが、二割から三割の費用で済むところ、保険適応外となると費用は全額自己負担となります。
さらに、自由診療であることから美容外科によっても費用には違いがあるため、相場よりも高い治療費が請求されてしまうこともあります。
また、ルミガンには日本の製薬メーカーが作っているものと海外メーカーが作っているものの二種類が用意されているので、どちらを取り扱っているのかによっても費用が違ってきます。
これらの理由から、安く手に入れたいという人には美容外科は向いていません。