まつ毛を伸ばすならまつ毛育毛剤を使うのが効果的です。まつ毛育毛剤は今あるまつ毛をケアしながら保湿や血行促進などの効果を発揮し、これから生えてくるまつ毛の成長もサポートします。ぱっちりとした目は女性の憧れです。自然なまつ毛を見せるには自まつ毛が健康であることが必要不可欠です。こちらではまつ毛育毛剤の効果や種類、価格などについて詳しく紹介していきます。

まつげ貧毛症で悩む人もいる

まつげ貧毛症は、まつげが少ない、細い、短いなどを実感するだけではなく見た目にも明らかにまつげが不足している状態を言います。
まつげ貧毛症になる原因にはいくつかあり、まつげケアによるダメージ、加齢、クレンジングなどの生活習慣などが考えられます。
まつげケアによるダメージは、アイメイクの時のマスカラ、ビューラー、つけまつ毛、まつげのエクステンションなどを行なうことで、まつげに負担をかけていることが考えられます。
ビューラーを使う時にまつげを引っ張ったり、まつげを根元からカールさせたり、ビューラーのゴムを何年も変えていない、マスカラを何度も重ねて塗る、クレンジングをする時にまつげを強く擦っている、つけまつ毛を毎日行なうなどの状態はまつげに負担をかけているためまつげにダメージを与えていることが考えられます。
加齢によってまつげの長さや太さ、濃さなどは年齢と共に減少します。皮膚疾患でもまつ毛にダメージを与えることがあり、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患が原因となりまつ毛が抜けることがあります。
アイメイクを落とす際などのクレンジングでは強く擦ってメイクを落とそうとするだけではなく、洗い残しがあることで炎症を起こしたり、目が痒いと指を使って強く擦ったり、寝る時にうつぶせに寝る習慣があるなどの生活習慣やスキンケアについても原因となることが考えられます。
まつげ貧毛症の治療方法は、発毛できる毛包が残っているなら薬で治療します。発毛可能な毛包が残っていない場合もありますが、この場合はまつげ植毛の施術をする場合もあります。
髪の毛をまつ毛に植毛することで長いまつ毛を再現することができます。植毛した毛はまつ毛として定着すると抜けても普通にまつ毛が生えてきます。
まつ毛には影響しないような病気が原因になっている場合には、原因を見つけてその病気を治療することを優先することもあります。原因となることに心当たりがある場合や気になることがあれば医師に相談すると良いです。

薬の副作用でまつげが抜けることもある

まつげ貧毛症になる原因には、日々のまつげケアやアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患、加齢、生活習慣などがありますが、抗がん剤などの薬の副作用でまつ毛が抜けてまつげ貧毛症になることもあります。
治療の流れはまつげの状態を医師が確認し、まつ毛が少なくなった、細いなどのまつ毛の悩みや抗がん剤を使っているなど薬の影響が考えられる場合にはその旨医師に伝えます。
まつげ貧毛症と診断されたり、生活習慣の指導やまつげケア方法のアドバイス、治療薬を処方したり、発毛可能な毛包がない場合は植毛の説明などがあります。
生活習慣の指導では、健康なまつ毛を保つために正しい生活習慣は大切なことなので、栄養バランスのとれた食事や質の良い睡眠、ストレスの解消法などについての指導があります。
まつげケアは、自己流で行なっている人も多いもので、意識しないとまつ毛を擦ってしまったり、過度なアイメイクで乱暴なクレンジングをすることでまつ毛に大きな負担やダメージを与えることになったり、つけまつ毛やまつ毛のエクステンションが原因となってまつ毛に負担や傷みがある場合もあるので、お湯だけで落とすことができるマスカラを使ったり、クレンジングは優しく丁寧に行なったり、まつ毛はエクステンションをしないようにします。
日常生活で長く太いまつ毛を保つためにできることもあります。
目の周りの血行を良くするとまつ毛を健康に育てる栄養素が行き届きやすくなるため、目にホットタオルをあてて目元を温めて優しくマッサージをしたり、まつ毛を育てるために良質なタンパク質を摂りケラチンの生成を促し、海藻類を摂って甲状腺の働きを活性化させて発毛を促進するなどでまつげを健康的に保つことも可能です。