まつ毛を伸ばすならまつ毛育毛剤を使うのが効果的です。まつ毛育毛剤は今あるまつ毛をケアしながら保湿や血行促進などの効果を発揮し、これから生えてくるまつ毛の成長もサポートします。ぱっちりとした目は女性の憧れです。自然なまつ毛を見せるには自まつ毛が健康であることが必要不可欠です。こちらではまつ毛育毛剤の効果や種類、価格などについて詳しく紹介していきます。

マスカラなどのアイメイクで目元は大きく見せられる

目元は顔の印象を決める大事なポイントです。目元のメイクにはいくつかのポイントがあり、上手くアイメイクをすることで、目を大きく印象的に見せることができます。
アイメイクのポイントはマスカラです。マスカラを使うことで、まつげを長く、濃く強調させて見せることができます。
また、色の選び方によっては目元に色味を加えることもできて、目の印象に変化をつけられます。
目元を強調することで、目が大きく見えて、その結果小顔効果も期待できます。
マスカラを使う前には、ビューラーなどを使用して、まつげを上向きに上げておくと、マスカラをつけた時の効果が高くなります。
まつげが上向きになることで、正面から見た時に目の上方にまつげが見えるようになり、その長さを長くしたり、濃くしたりすることで、目そのものが大きくなったような視覚効果をだすことができます。
また、まつげを長くすることで、横顔の印象を変えることにもつながります。
まつげが長くなると、横から見た時に凹凸が強調されて、目線が綺麗に見えるという効果がでます。
特に、伏し目がちにした時の美しさが際立ちます。顔の凹凸がはっきりすることで、横顔にも小顔効果が見られます。
日本人の目元は凹凸が少なく、平坦な印象が強い傾向がありますが、マスカラをつけることで、目元の凹凸ができ、目線を美しく、目をぱっちりと見せてくれます。
ビューラーを使う時には、根元から順番に少しずつずらして癖付けをしていくことが重要です。自然なカーブを描くようにするには、1回で癖付けしようとせずに、順番に何度かはさんでいきましょう。
また、マスカラをつける時にも注意が必要です。マスカラがだまになってしまうと、せっかくのまつげが綺麗に見えません。
そのためには、マスカラをまつげにつける前に、ブラシをティッシュオフして、余分なマスカラ液を落とすようにします。
ブラシをティッシュオフせずに使うと、マスカラ液が多くつき過ぎて、だまになりやすくなります。

アイメイクのクレンジングは専用リムーバーを使う

最近のマスカラは以前までのものと違って、落ちにくい仕様になっているものが多くあります。それは、マスカラが日中に落ちてしまい、顔の目の周りについてしまうと大変に汚らしくなってしまうからです。
そうならないために、水気や油気に強く、泣いてもこすっても落ちにくいというマスカラが増えています。
汗をかきやすい夏や、長時間つけている時には、落ちにくいマスカラが大変便利です。一日の途中で、目の周りが黒くなっていないか気にせずに過ごせます。
しかし、落ちにくいということは、クレンジングの時にどうやって落とすかが難しくなるということです。
洗顔をする前に、まずしっかりとクレンジングを行います。この時に大切なのは、専用のリムーバーを使うということです。
顔の全体に使うクレンジング剤では、落ちにくいマスカラは落とせません。まつげや皮膚にマスカラ液がついて、とれなくなると、ついゴシゴシと強い力でこすってしまいがちになります。
そうなると、目元の皮膚に刺激となり、皮膚に良くありません。専用のリムーバーであれば、マスカラ液の成分に合わせた作りになっているので、リムーバーをマスカラ部分につけるだけで、力を入れずにスッキリと落とすことができます。
この方法であれば、皮膚をこする必要もなく、結果的に目元の皮膚の保護になります。
目元の皮膚は薄く、刺激に弱いという特徴があるので、出来る限り刺激を避けるようにしなくてはいけません。
専用リムーバーを使わずに無理やりにマスカラ液を落としていると、皮膚に悪いだけでなく、まつげ自体にも負担がかかります。
ごしごしと摩擦を加えることで、まつげ自体が傷んでしまいます。まつげの毛根にも負担がかかり、まつげが減ってしまう原因にもなります。アイメイクのクレンジングには、必ず専用のリムーバーを使うようにしましょう。