まつ毛を伸ばすならまつ毛育毛剤を使うのが効果的です。まつ毛育毛剤は今あるまつ毛をケアしながら保湿や血行促進などの効果を発揮し、これから生えてくるまつ毛の成長もサポートします。ぱっちりとした目は女性の憧れです。自然なまつ毛を見せるには自まつ毛が健康であることが必要不可欠です。こちらではまつ毛育毛剤の効果や種類、価格などについて詳しく紹介していきます。

付けまつげによるまつげへの負担

まつげが長く、濃くなると目はより大きく見える効果がありますし、より女性らしさをアップさせることもできます。
とはいえ、もともとのまつげの長さや濃さには個人差もあり、豊かで長いという人もあれば、短く、量が少ないと悩んでいる人も少なくありません。
しかし、メイクで工夫すれば、すぐに長く美しいまつ毛を得ることができ、目元の印象をアップさせることもできます。
まつげを長く濃くする方法にも様々な種類がありますが、特に手軽に導入できるものに付けまつげがあります。
化粧品店や100円ショップなどで手軽に入手することができ、その種類も豊富で全体に付けられるものもあれば、部分的に着けられるタイプもあります。
すぐに理想のまつげを手に入れることができる便利なアイテムですが、やはり欠点もあります。
付けまつげは毎日取り外す必要がありますので、耐久性はあまり強くありません。
汗や湿気、湿気などに弱い傾向がありますので、それゆえ、グルー(接着剤)でしっかりと装着しておく必要があります。
接着力の弱いグルー(接着剤)を選んでしまうと途中で外れてしまうリスクもありますので、耐久性をアップさせるためには接着効果の高いグルーを選んでおく必要があります。
そして、付けまつげはまつ毛の根元に着けることとなりますので、どうしてもグルーが自まつげについてしまうこととなりますし、特に皮膚がデリケートな部分ですので、グルーでかぶれが起こってしまう可能性もあります。
すぐに長く濃いまつ毛を得られる便利な商品ですが、それなりのリスクがあることも理解しておきましょう。
グルーはしっかりと接着ができ、簡単に外れないということは大事ですが、肌に負担もありますので、かぶれを防ぐためにも、できるだけ肌に優しく安全性の高いものを選ぶことが大事です。
そして、付けまつげを長く愛用している人の中には以前よりもまつ毛が短くなった、薄くなってしまったという悩みを抱える人も少なくありません。

つけまつげを取る時に自まつげも抜けてしまう

付けまつげを使っていて、まつ毛が薄くなる、短くなるという悩みを抱える人は多いですが、その原因はつけまつげを取るときに自まつげも一緒に抜ける、切れるということがあげられます。
グルーは付けまつげを着ける際には欠かせないものですが、簡単に取れないよう、たっぷりと使う人が多く、それを毎日取り外すこととなりますので、自毛が抜ける、切れるということは避けられないと言えます。
そして、自まつげを守るためには、べりべりと剥がしたりせず、できるだけ自毛に負担のかからない方法で剥がすことが大事です。
まず、負担をかけずに取るのであれば、お湯を使うことがおすすめです。
直接まぶたにお湯をつけるのではなく、まずはコットンやティッシュなどにぬるま湯を含ませ、それをまぶたの上にしばらく置きます。
お湯を使うことでグルーが剥がれやすくなりますので、急がず、ゆっくりと付けまつげをはずしていきましょう。
このほかで負担を掛けずに付けまつげを取り除く方法としては専用のリムーバーを使うこともおすすめです。
使い方はお湯を使う方法と同じで、まずはコットンなどにリムーバーを染込ませ、それをまぶたにしばらく置き、優しく付けまつげを取り除いていきます。
かなり強力なグルーも手軽に落とせるようになりますので、自まつげが抜ける、切れるということを防ぐことができますし、つけまつげそのものを長持ちさせることにもつながります。
まぶたのかぶれを防ぐためにも、まぶたに付いたグルーも丁寧に取り除き、その後のスキンケアも丁寧に行っておきましょう。
付けまつげを外してメイク落としや洗顔を行う際も、まつげを引っ張ったり、目の周りを過剰にこすらないよう優しく汚れを落としていきましょう。